タイ・バンコク移住: 女性も安心!単身者向け物件・コンドミニアムの選び方

タイ生活

女一人でのはじめての海外移住。安全なエリアはどこなのかな?

タイ・バンコクの、賃貸の部屋の広さ、コスト感、設備などが知りたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

駐在員は、多くの場合、企業が住居を提供したり住居探しの支援をしたりしますが、フリーランスや現地採用者は、自ら住まいを探さなければなりません。この記事では、そうした現地採用者やフリーランスに向けて、バンコクでの物件選びを行うに際しての必要な情報を提供します。

記事の信頼性

タイの長期滞在ビザ「タイランドエリート」を取得し、プーケットに約1年定住した後、現在もタイのバンコクに住んでいる筆者の実体験を元にこの記事を作成しています。プーケットでもバンコクでも自ら不動産サイトを利用して、様々な物件に住んできました。

  1. 海外経験初心者はバンコクに住むのがおすすめな理由
    1. BTSの利便性
    2. 日本のお店が多い
    3. 初心者に優しい環境
    4. 総合的な生活の質
  2. バンコクの安全な地域の探し方
    1. どのエリアが安全か?
    2. 安全情報の確認方法:現地の不動産サイトやSNSで評判をチェック
      1. DDproperty
      2. Hipflat
      3. Thailand-Property
      4. Facebookグループ: Bangkok Rent/Sale Condo & Apartment
  3. 単身者向けのコンドミニアム vs. アパートメント
    1. それぞれの住宅タイプの特徴と、フリーランスや現地採用者に合った選択肢の比較
      1. 単身者向けのコンドミニアムの広さ
      2. 単身者向けのアパートメントの広さ
    2. 短期間から長期間の滞在に適した物件の選び方
  4. 予算を設定しよう: 物件賃料の考え方
    1. バンコクにおける物件価格の相場
    2. 生活費、光熱費、インターネット代などの追加コストの管理
  5. 物件の設備とアメニティを検討しよう
    1. 必要な家具や家電のリストアップ
    2. コンドミニアムやアパートメントの共有施設についての情報
  6. セキュリティとプライバシーの重要性
    1. 物件選びにおけるセキュリティのチェックポイント
    2. プライバシー保護のためのアドバイス
    3. 現地での不動産エージェントの役割と、信頼できるエージェントの見つけ方
  7. 物件の実地視察: チェックリスト
    1. 実際に物件を見る際の注意点
    2. 状態、立地、周辺環境の確認方法
  8. 契約前の注意点と交渉のテクニック
    1. 契約条件、敷金、保証金についての説明
    2. 賃貸契約における交渉ポイント
  9. 新生活のスタートアップ: 必要な手続きとサービス
    1. 移住初期に必要な行政手続き
    2. 基本的な公共サービスの登録方法
  10. まとめ

海外経験初心者はバンコクに住むのがおすすめな理由

海外での生活に慣れていない初心者がタイに移住する際、チェンマイやプーケットといった人気都市も魅力的な選択肢となります。しかし、なぜ多くの初心者がこれらの都市ではなくバンコクを選ぶのでしょうか?それにはいくつかの明確な理由があります。

BTSの利便性

バンコクのBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)は、都市の交通の要となっています。これらの公共交通機関は非常に整備されており、バンコクの広範囲をカバーしています。通勤や買い物、観光など、日常生活での移動がとても便利です。特にBTSは、市内の渋滞を避けて迅速に移動することができるため、時間を有効に活用することができます。

日本のお店が多い

バンコクには日本食レストランや日系スーパーマーケットが多く、日本の商品を手に入れやすいのも大きな利点です。特にスクンビット地区の「トンロー」や「エカマイ」といったエリアには、日本人が多く住んでおり、日本語が通じる場所も少なくありません。海外生活の中でふとした時に感じるホームシックも、日本の味がすぐそばにあることで和らぎます。

初心者に優しい環境

バンコクは海外からの働きに来ている人が非常に多い都市であり、英語が広く通じるため、言葉の壁を感じにくいのも特徴です。また、市内には多数の国際交流団体があり、海外での生活に慣れるためのサポートを受けることができます。こうした環境は、海外経験が少ない人にとって非常に住みやすい都市を形成しています。

総合的な生活の質

バンコクは、モダンなコンビニエンスと伝統的なタイ文化が融合する都市です。医療設備は先進的であり、ショッピングモール、エンターテイメント施設、リラクゼーションサービスなど、生活の質を向上させる設備が充実しています。初心者が海外での生活に必要なものを全て近くで見つけられる点も、バンコクが選ばれる大きな理由です。

以上のような理由から、海外での生活が初めての人々にとって、バンコクは他のタイの都市に比べて、生活しやすい環境を提供しているのです。チェンマイやプーケットも魅力的な都市ではありますが、バンコクは初心者がスムーズに海外生活をスタートさせるためのサポートが整っているため、特におすすめの選択肢となっています。

バンコクの安全な地域の探し方

バンコクでの新生活をスタートさせるにあたり、安全な地域での物件探しが最初のステップです。街の雰囲気、治安、アクセスの良さ、そして生活の利便性は、毎日の生活の質に直結する重要な要素です。

どのエリアが安全か?

バンコクには、エクスパットやフリーランスに人気のエリアがいくつかあります。スクンビット、シーロム、サトーン、アソークなどの中心部は、治安が良く、レストランやショッピングセンターが豊富で生活が便利です。また、BTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)へのアクセスが良いため、移動も容易です。

筆者が住むプラカノン・オンヌットエリアの物件についてはこちらの記事をご覧ください。

安全情報の確認方法:現地の不動産サイトやSNSで評判をチェック

バンコクで住居を探す際、安全性は最も重要な要素の一つです。幸いなことに、いくつかの信頼性の高いリソースを活用することで、様々なエリアの安全情報を得ることが可能です。

DDproperty

DDpropertyはタイで最も信頼されている不動産情報サイトの一つです。このサイトでは、物件の安全性に関する詳細情報が提供されており、賃貸物件や売買物件のセキュリティ機能、地域別の治安情報などが検索可能です。ユーザーが投稿したリアルなレビューを読むことで、エリアの生活感をつかむこともできます。

Hipflat

Hipflatは、利用者が直感的にナビゲートできるインタラクティブな地図と共に、バンコクの各地域の治安データを視覚的に提供しています。ユーザーは物件リストを見ながら、同時に周辺エリアの安全情報を確認できるため、安全な住環境を探す際に役立ちます。

Thailand-Property

Thailand-Propertyは、タイ全土の物件情報を扱う大手のポータルサイトです。セキュリティが整ったコンドミニアムや、閑静な住宅街にある家など、安全性を重視した物件検索が可能です。サイト内の物件説明にはセキュリティ設備に関する情報がしばしば含まれており、物件選びの参考になります。

Facebookグループ: Bangkok Rent/Sale Condo & Apartment

Facebook上のBangkok Rent/Sale Condo & Apartmentグループでは、現地の人々や既にバンコクで生活している外国人からの生の声を聞くことができます。メンバーが投稿する物件情報の中には、住んでいた人の経験談やエリアの安全性に関するコメントも含まれていることがあり、貴重な第一手の情報源となるでしょう。

単身者向けのコンドミニアム vs. アパートメント

バンコクでの居住地を選ぶ際、単身者はコンドミニアムとアパートメントの選択肢が主にあります。これらはそれぞれ独自の特徴と利点があります。

それぞれの住宅タイプの特徴と、フリーランスや現地採用者に合った選択肢の比較

コンドミニアム: コンドミニアムは通常、セキュリティがしっかりしており、プールやジムなどの共有施設を備えていることが多いです。最新の設備やモダンなデザインが好まれ、中心部に位置することが多いため、都市の利便性を享受できます。フリーランスの方にとっては、コンドミニアムの快適さと機能性はワークライフバランスを保つ上で魅力的です

単身者向けのコンドミニアムの広さ

コンドミニアムのユニットは、一般的には25平米から50平米の範囲で提供されることが多く、独立したキッチンスペースや小さなリビングエリア、バルコニー、そして十分な収納スペースを備えています。

アパートメント: アパートメントは一般的に家賃がコンドミニアムよりも安価で、長期契約に柔軟なことが多いです。シンプルながらも必要十分な設備が整っている場合が多く、地域社会との繋がりを重視する方に適しています。現地採用者には、より地元の生活に溶け込みたい方やコストを抑えたい方に適した選択と言えるでしょう。

単身者向けのアパートメントの広さ

アパートメントは、もう少し広めの空間を提供し、30平米から60平米の間で変動します。コンドミニアムと同様に、アパートメントもモダンな設備が整っており、より広々としたキッチン、ダイニングエリア、そして作業やリラックスのためのスペースを重視しています。さらに、中にはスタジオタイプから1ベッドルームまで選択肢があり、個々のニーズに合わせて選べる柔軟性も魅力です。

短期間から長期間の滞在に適した物件の選び方

短期滞在: 短期間の滞在では、家具付きで契約が柔軟なサービスアパートメントが便利です。予め全てがセットアップされているため、引越しの手間が省けます。また、短期間でも契約可能なコンドミニアムを提供する不動産会社もあります。

長期滞在: 長期にわたり滞在する場合は、家賃のコストパフォーマンスや、長く住むことで発生するメンテナンスのしやすさが重要になります。また、自身で家具を選びたい場合や、より自由度の高い生活を望む場合は、アパートメントが適していることが多いです。長期滞在では契約時の交渉で家賃を下げる余地もあり、さらに生活費を節約することが可能です。

コンドミニアムとアパートメント、それぞれにフリーランスや現地採用者のニーズに合ったメリットがあります。自分のライフスタイルや予算、滞在期間を慎重に考え、最もフィットする住居選びをしましょう。

予算を設定しよう: 物件賃料の考え方

バンコクでの生活を始めるにあたり、適切な予算設定は非常に重要です。予算内で快適な住居を見つけるためには、物件価格の相場を理解し、光熱費やインターネット代などの追加コストも考慮に入れる必要があります。

バンコクにおける物件価格の相場

バンコクの物件賃料は、立地や物件の新しさ、設備の充実度によって大きく異なります。中心部に近いエリアや、BTSやMRTの駅に近い場所では、家賃が高くなる傾向があります。例えば、スクンビットやシーロムなどの中心エリアのモダンなコンドミニアムは、月額30,000バーツ以上が相場ですが、プラカノンエリアや市郊外に行くと同等の物件でも20,000バーツ以下で見つかることもあります。

生活費、光熱費、インターネット代などの追加コストの管理

家賃以外にも、生活費として毎月かかる光熱費やインターネット代も予算に含める必要があります。タイの光熱費は比較的安価で、一般的なアパートメントの場合、月額で電気代が1,000-2,000バーツ、水道代が100-300バーツ程度です。インターネットはパッケージにもよりますが、高速インターネットで月額700-1,500バーツが目安となります。また、コンドミニアムによっては、ジムやプールなどの施設利用料が含まれる場合もあれば、別途料金が必要な場合もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

予算を立てる際には、家賃に加えてこれらの追加コストを見積もり、月々の可処分所得と照らし合わせることで、現実的な生活費の計画を立てることができます。必要に応じて、家賃を少し抑えることで生活の質を維持するバランスを見つけることも大切です。

バンコクでの生活を楽しむためには、予算内で最適な居住環境を見つけることが成功の鍵です。物件を選ぶ際には、総合的なコストを見極め、長期的な視点で賢い選択をしましょう。

物件の設備とアメニティを検討しよう

バンコクでの新生活をスタートさせる際、物件が提供する設備とアメニティは、快適さと利便性を大きく左右します。生活を始める前に、どのような家具や家電が必要か、どのような共有施設があるのかを把握しておくことが重要です。

必要な家具や家電のリストアップ

バンコクの多くの賃貸物件では、基本的な家具が最初から備え付けられていることが一般的です。ベッド、ソファ、食卓といった基本的な家具から、エアコン、冷蔵庫、洗濯機に至るまで、生活に必要なアイテムが揃っている場合が多いです。しかし、物件によっては提供される家具家電が異なるため、以下のチェックリストを用いて確認しましょう。

家具・家電アイテム詳細
ベッドマットレス含む
クローゼットまたは衣類収納衣服やその他のアイテムの収納用
ソファリビングエリアの快適な座り心地を提供
コーヒーテーブル飲み物や小物を置くためのテーブル
食卓と椅子食事をとるためのテーブルと椅子セット
エアコン室内の温度調節を行う
冷蔵庫食品や飲料を冷やすための家電
電子レンジ食品を加熱する家電
洗濯機衣類を洗濯する家電
シャワー(温水器付き)温かい水でシャワーが浴びられる設備
テレビ情報や娯楽を提供する家電
クッキングホブ調理用コンロ
炊飯器お米を炊くための家電

入居前には、物件提供のチェックリストを確認し、不足しているアイテムがないかをチェックしましょう。また、個人のライフスタイルに必要な追加アイテムをリストに加え、事前に購入または賃貸契約時にリクエストすることが大切です。

コンドミニアムやアパートメントの共有施設についての情報

コンドミニアムや一部のアパートメントでは、プール、フィットネスジム、サウナ、子供の遊び場、共有ラウンジなどの共有施設が利用可能です。これらの施設は日々のリラックスタイムや健康維持に役立ちます。特にフリーランスの方々にとっては、共有ラウンジが作業スペースとしても利用できるため、住居を選ぶ際の大きなプラスポイントになります。

共有施設の利用には追加費用がかかる場合もあるので、契約前に利用条件を確認しておくことが重要です。また、施設のメンテナンス状況や利用時間などもチェックし、自分のライフスタイルに合致しているかを検討しましょう。

物件の設備とアメニティを事前にきちんと調査することで、バンコクでの生活をより快適に、かつ効率的にスタートさせることができます。ご自身のニーズに合った物件選びを心がけてください。

セキュリティとプライバシーの重要性

バンコクでの住まい探しにおいて、セキュリティとプライバシーは非常に重要です。安全な環境でプライベートな時間を守るために、物件選びでは以下のセキュリティチェックポイントを念入りに確認しましょう。

物件選びにおけるセキュリティのチェックポイント

以下の表は、物件のセキュリティ設備を確認する際のチェックポイントをまとめたものです。

チェックポイント詳細
24時間警備体制物件が24時間体制の警備員によるセキュリティを提供しているか。
CCTVカメラの設置共有エリアにCCTVが設置されており、記録が保持されているか。
セキュリティゲート入口にセキュリティゲートまたはキーカードアクセスシステムがあるか。
防犯アラーム各ユニットに防犯アラームが設置されているかどうか。
火災報知器・消火設備適切な火災報知器が設置されているか、消火器やスプリンクラーシステムは機能しているか。
安全な駐車場車やバイクを安全に駐車できる設備が整っているか。
エマージェンシー対策緊急時に利用可能な非常階段や非常警報が整っているか。
ゲスト管理システム来訪者をチェックインし、管理するシステムがあるか。
プライバシー保護の設計窓やバルコニーが直接他の住居を向いていないなど、プライバシーが考慮された設計になっているか。

これらのセキュリティチェックポイントを一つ一つ確認することで、安全かつ安心して暮らせる住居を見つけることができます。

プライバシー保護のためのアドバイス

バンコクでの住居においては、プライバシー保護も重視する必要があります。以下にいくつかのアドバイスを示します。

  • カーテンやブラインドの使用: 透けないカーテンやブラインドを窓に設置することで、外からの視線を遮ります。
  • セキュリティフィルムの検討: 窓ガラスにセキュリティフィルムを貼ることで、プライバシーの保護だけでなく、防犯面でも強化されます。
  • 個人情報の管理: メールボックスやインターホンには個人名ではなく、イニシャルや号室のみを表示することを検討します。
  • デジタルプライバシー: Wi-Fiルーターは強固なパスワードを設定し、不正アクセスに対策します。

バンコクでの暮らしは刺激的ですが、自身のセキュリティとプライバシーには十分注意を払い、安心して生活を楽しむための適切な措置を講じましょう。

現地での不動産エージェントの役割と、信頼できるエージェントの見つけ方

不動産エージェントは、あなたの要望に合った物件を見つける手助けをするだけでなく、家賃の交渉、契約条件の説明、さらには引越し後の問題が生じた際の対応など、移住生活全般にわたって支援を提供します。

信頼できるエージェントを見つけるためには、以下のサイトでのリサーチが有効です。

  • PropertyScout: ユーザーフレンドリーなインターフェースで、詳細な物件情報を提供します。

日本人にとって、言葉が通じるだけでなく、日本のビジネス文化を理解しているエージェントは非常に心強い存在です。その点で、すずき不動産のような日系の不動産エージェントは、日本人のためのサービスを提供しており、特に言語や文化の壁が心配な方におすすめです。

信頼できるエージェントを見つける際には、オンラインレビューや紹介、エージェントとの事前のコミュニケーションを通じて、そのサービスの質を確認することが重要です。また、複数のエージェントと接触し、比較検討することも有効な戦略となります。

不動産エージェントの利用は、バンコクでの住居探しをスムーズに進めるための鍵となります。適切なエージェントを見つけることで、新たな生活への第一歩を確かなものにしましょう。

物件の実地視察: チェックリスト

物件を実際に見る際には、以下のポイントをチェックリストとして用意し、慎重に視察を行いましょう。

実際に物件を見る際の注意点

注意点チェック内容
安全性セキュリティシステム、防犯カメラ、警備員の存在、緊急出口の確認
施設の状態壁の損傷、水漏れ、電気の問題、エアコンの機能などのチェック
清潔さ床、窓、バスルーム、キッチンの清潔さと維持状態の確認
騒音外の騒音、隣人の音、交通の騒音などの確認
自然光部屋の明るさ、日当たりの良さの確認
換気窓の開閉、換気システムのチェック
水圧シャワーの水圧と温水の確認
設備の機能性家電製品、水回りの設備、ドアの鍵などの機能チェック
収納スペースクローゼットや収納スペースの容量とアクセスのしやすさ
家具の質提供される家具の状態と質をチェック

状態、立地、周辺環境の確認方法

確認ポイント方法
物件の立地近隣の交通機関のアクセス、商業施設、レストラン、学校などの利便性をチェック
周辺環境近くに公園、病院、スーパーマーケットがあるかどうか、周囲の環境の安全性を確認
日照と風通し物件がどれだけ自然光を受けているか、風通しの良さを確認
騒音レベル物件の周囲で建設作業や交通騒音がないかの確認、時間帯による騒音の違いを調べる
地域の雰囲気地域の雰囲気や近隣住民との交流可能性を確認

これらのチェックポイントを利用して、物件の視察を行うことで、バンコクでの生活に最適な住居を見つけることができます。

契約前の注意点と交渉のテクニック

物件を決める前に、契約条件の理解と交渉は非常に重要です。

契約条件、敷金、保証金についての説明

契約を結ぶ前に、以下の契約条件をしっかりと確認し、理解しておくことが不可欠です。

  • 契約期間
  • 月額家賃
  • 敷金(通常は家賃の1〜2ヶ月分)
  • 保証金(返却条件とそのプロセス)
  • 契約解除の条件
  • 家賃の支払い方法
  • メンテナンス費用の負担者

賃貸契約における交渉ポイント

  • 家賃の値下げ交渉、特に長期契約の場合
  • 敷金や保証金の減額交渉
  • 家具や設備の追加要求
  • 修繕の責任に関する交渉
  • 契約更新時の家賃見直しについての条件

適切な交渉を行うことで、条件の良い契約を結ぶことが可能になります。

新生活のスタートアップ: 必要な手続きとサービス

バンコクでの新生活を始めるためには、いくつかの手続きが必要です。

移住初期に必要な行政手続き

  • ビザ取得または更新
  • ワークパーミットの申請
  • 住民登録
  • 銀行口座の開設
  • 税務番号の取得

これらの手続きは、滞在の合法性を保ち、日常生活に必要なサービスを利用するために必要です。

基本的な公共サービスの登録方法

  • 電気、水道、ガスなどの公共サービスへの登録
  • インターネットや携帯電話の契約

これらの公共サービスをスムーズに利用するためには、事前に各サービスプロバイダーに連絡を取り、必要な手続きを行うことが重要です。

バンコクでの新生活は計画的に進めることで、より快適に過ごすことができます。事前に必要な手続きやサービスについて情報を集め、準備を整えましょう。

まとめ

バンコクでの物件探しと新生活のスタートにあたり、いくつかの重要なステップが必要であることがわかっていただけたかと思います。安全で快適な住居の選択から、契約条件の理解、必要な行政手続きまで、十分な準備と情報収集が成功の鍵となります。

  • 物件選択: コンドミニアムとアパートメントは、それぞれ独自のメリットがあります。自身のライフスタイルや予算に合った物件を選びましょう。
  • セキュリティとプライバシー: 物件のセキュリティ設備とプライバシー保護策をチェックし、安心して生活できる環境を確保しましょう。
  • 不動産エージェント: 経験豊富なエージェントの利用は、適切な物件を見つけ、交渉を有利に進めるために非常に役立ちます。
  • 契約前のチェック: 契約条件、敷金や保証金の取り決めをしっかりと確認し、自分の権利と義務を理解しましょう。
  • 行政手続き: ビザやワークパーミット、銀行口座開設など、移住初期に必要な手続きを忘れずに行いましょう。

バンコクでの新生活は、適切な準備と地に足のついたアプローチで、非常に充実したものになります。この記事で触れたポイントを参考に、効率的かつ円滑な移住の準備を進めてください。バンコクでの新たな人生の章が、あなたにとっての素晴らしい経験となることを祈ってます!

この記事を買いた人

タイ在住2年目。会社員勤務時代、上司からのパワハラで適応障害を患い、以来、日本を脱出して自分のペースで働くことを決意。WEB制作会社で修行後独立。現在は、WEB業界のPM・ディレクターとして活動して7年目。過労や人間関係で疲弊した「日本から脱出したい」若手向けに、前向きになれるような記事を発信しています。

Sakichiをフォローする
タイ生活海外移住
Sakichiをフォローする
アニゲージBLOG
タイトルとURLをコピーしました